PR

意外と怖い花言葉ランキング!プレゼントに不向きな花も解説

怖い花言葉を持つスノードロップ 選び方

花言葉の中には、意外と知られざる”怖い”意味を持つものも存在することをご存じですか?

今回は「意外と怖い花言葉」を持つ花の特徴や事例、贈り物に適さない花や注意点をご紹介します。

花を贈る際に相手に誤解を与えてしまうことを避けるためにも、怖い花言葉を持つ花を知っておこう!

まめしば

植物好きの元・農高生。窓の無いトイレや玄関、北向きの部屋に飾るためのフェイクグリーンを集めるのが趣味。本物そっくりなフェイクグリーンを日々求めている。

まめしばをフォローする
スポンサーリンク

怖い花言葉を持つ植物ランキング

花言葉には怖い意味を持つものもあります。ここでは、怖い花言葉を持つ植物をランキングでご紹介します。

怖い花言葉を持つ植物①黒百合(クロユリ)

怖い花言葉を持つ「黒百合」

花言葉: 呪い・復讐

黒百合には、小百合姫という側室の悲劇的な伝説から由来している花言葉があります。

小百合姫は妊娠し、妬みを受けた正室によって「浮気の子供」との噂を立てられ、処刑されました。

その直前、彼女は「黒百合の花が開くとき、佐々家は滅びるだろう」と呪いをかけました。

その後、黒百合の花の花言葉は「呪い・復讐」とされるようになったそうです。

怖い花言葉を持つ植物②ロベリア

怖い花言葉を持つロベリア

花言葉: 悪意

ロベリアは毒性を持っているため、悪意と関連づけられています。

美しさとは裏腹に、毒を秘めた花ということでちょっと怖い印象を受けます。

怖い花言葉を持つ植物③スノードロップ

怖い花言葉を持つスノードロップ

花言葉:あなたの死を望みます

可愛らしい姿からは想像できな怖い花言葉を持つスノードロップ。

とはいえ、スノードロップには他にも「希望」「慰め」などといった花言葉もあります。

とはいえ、かなり怖い花言葉を持つ花なので人に贈る際には注意が必要です。

怖い花言葉を持つ植物④オキナグサ

花言葉: 裏切りの恋、告げられぬ恋

怖いというよりちょっと意味深な花言葉を持つオキナグサ。

オキナグサの花言葉は、俯いて咲くオキナグサが花の盛りを過ぎると上向きに変わることから、「裏切りの恋」という花言葉も生まれています。

怖い花言葉を持つ植物⑤アザミ

花言葉: 触らないで・報復

アザミには、「触らないで」という花言葉があります。

また、「アザミを摘もうとした人への報復として棘を刺す」という花言葉も持たれています。

報復が現実化することがあり得ることから、アザミの花言葉は怖さを感じさせます。

怖い花言葉を持つ植物⑥マリーゴールド

花言葉: 嫉妬して絶望、そして悲しみ嘆く

マリーゴールドの花言葉は非常にネガティブで、嫉妬、絶望、悲しみといった感情を表しています。

これらの花言葉から何が起きたのかを考えると、不気味さや怖さを感じることでしょう。

 

黄色い花の注意点

黄色い花は怖い花言葉が付きやすいので、贈り物や特定の場面で使用する際には注意が必要です。以下に黄色い花の注意点をまとめました。

黄色い花に付く怖い花言葉

黄色の花には「軽蔑」や「失望しました」といったネガティブな花言葉が付いています。

特に黄色のカーネーションは「軽蔑」という花言葉があり、母の日のプレゼントとしては避けるべきです。

避けるべき花

以下の花にも黄色い花言葉があり、プレゼントや贈り物には避けるべきです。

  • カーネーション(黄色)
  • バラ(黄色)
  • ユリ(黄色)
  • ゼラニウム(ピンク)
  • アジサイ(黄色)
  • ホウセンカ(黄色)

注意が必要な場面

黄色い花は特定の場面で気をつけるべきです。以下は注意が必要な場面の一例です。

  • 母の日のプレゼント:赤いカーネーションが一般的な贈り物ですが、黄色のカーネーションは避けましょう。
  • 友人への贈り物:花言葉によっては誤解を招くことがあるため、相手の受け取り方や関係性を考慮して選びましょう。
  • パーティーやイベントの装飾:会場の雰囲気やイメージによっては、黄色い花が不適切な場合があります。

他の色の花言葉を選ぶ

黄色い花が適さない場合でも、同じ花種の他の色の花を選ぶことで良い花言葉を伝えることができます。

例えば、カーネーションの場合、赤いカーネーションは「母への愛」や「強烈な愛」という良い花言葉があります。

注意が必要な黄色い花ですが、他の花言葉や花の意味を考慮しながら選ぶことで、素敵な贈り物や装飾になることでしょう。

贈り物として黄色い花を選ぶ際は花言葉にも気を付けてみて。誤解を防ぐためにも花言葉を知っておくことは大切だよ。

 

プレゼントに不向きな花は?

プレゼントに適さない花は、いくつかの種類があります。以下にその一部をご紹介します。

菊など供花に使われる花

和菊は供花を連想させるため、プレゼントにはあまりおすすめできません。

洋菊の品種改良されたものを選ぶか、白一色の花を選びましょう。

毒性のある花

トリカブトやジギタリスなど、摂取すると強い毒を含む花は注意が必要です。

小さなお子さんやペットのいるご家庭には、できるだけ安全な花を贈るようにしましょう。

花が落ちる花

椿やハイビスカスなど、花が開花後にすぐに落ちる花はプレゼントには向かないです。

特にご年配の方には「縁起が悪い」と受け取られる恐れもあります。

お見舞いの花の場合、鉢植えはNG

お見舞いの花として鉢植えを贈るのはマナー違反です。

鉢植えは「寝付く」ことを連想させるため、お見舞いの花としては縁起が悪いとされています。

母の日に白いカーネーション

白いカーネーションは「亡くなった母へ供える花」として知られています。

そのため、母の日の贈り物として白いカーネーションを贈るのは避けた方が無難です。

 

贈り物にぴったりな花言葉を持つ花は?

怖い花言葉を持つものもありますが、お花は贈り物にぴったりですよね。愛や感謝を表わすステキな花言葉もたくさんあります。

大切な人に贈る際には、その花の花言葉をしっかりと調べてから選ぶことが大切です。以下は、贈り物にぴったりな花言葉の例です。

贈り物にぴったりな花言葉を持つ花①ローズ

花言葉:「愛」「感謝」「美」

贈り物にぴったりな花言葉を持つ花②ライラック

花言葉:「最初の愛」「初々しさ」「思いやり」

贈り物にぴったりな花言葉を持つ花③サンフラワー(向日葵)

花言葉:「希望」「笑顔」「明るさ」

贈り物にぴったりな花言葉を持つ花④カーネーション(ピンク)

花言葉:「感謝」「優しさ」「愛」

贈り物にぴったりな花言葉を持つ花⑤チューリップ(赤)

花言葉:「愛」「情熱」「激情」

贈り物にぴったりな花言葉を持つ花⑥デイジー

花言葉:「純粋さ」「幸福」「希望」

贈り物にぴったりな花言葉を持つ花⑦ビオラ

花言葉:「愛玩」「思いやり」「甘さ」

これらの花言葉は、贈る相手に対して愛や感謝の気持ちを伝えるのにぴったりです。

花言葉は色や種類によっても異なるよ。花を贈る際は、それぞれの花言葉を事前に確認して選ぶと安心だね。

 

怖い花言葉を持つ植物を知っておくことで失敗を防ぐ!

花のプレゼント

植物の花言葉には様々な意味が込められていますが、中には怖い花言葉を持つ花も存在します。

これらの花言葉には、死や報復、裏切りといった不吉な意味が含まれていることがあります。

見た目が綺麗でも恐ろしい花言葉を持つ植物もある

見た目の美しさや可憐さとは裏腹に、恐ろしい意味が込められていることもあるのです。

例えば、アイビーやアザミ、アジサイなどは、それぞれ「死んでも離れない」「報復」「浮気」「あなたは冷たい」といった意味を持っています。

これらの花は、一見美しい花であるにも関わらず、意外な意味を秘めているのです。

黄色はキリスト教で「裏切り」の色とされている

また、色によっても怖い花言葉が付いている花もあります。特に黄色い花は怖い花言葉が付くことが多く、プレゼントの際には注意が必要です。

例えば、ゲッケイジュやマリーゴールドは「裏切り」という意味を持っています。

黄色はキリスト教で「裏切り」の色とされているため、これらの花にはこのような花言葉が与えられています。

花束を贈る際には花言葉にも注意してみて

大切な人へのプレゼントとして花束やアレンジメントを贈る際は、うっかり怖い意味の花言葉を持つ花を贈らないように事前にしっかりと調べましょう。

プレゼントする際には、相手を傷つけたり誤解を招いたりしないように配慮することが大切です。

怖い花言葉を持つ花をプレゼントする際は、相手に誤解を与えないようにメッセージガードを添えるなどの工夫をしてみて。

 

怖い花言葉に関するよくある質問

怖い花言葉に関するよくある質問をまとめてみました。

Q1. 花の花言葉には本当に意味があるのですか?

A1. はい、花の花言葉には実際に意味があります。花言葉は、花の持つ美しさや特性から派生したもので、植物の特徴や文化的な背景を反映しています。そのため、国や地域、文化によって同じ花でも異なる花言葉を持つものも多いです。

Q2. 怖い花言葉を持つ花を贈る場合はどうすればいいですか?

A2. 怖い花言葉を持つ花を贈る際は、事前に花言葉を調べてから選ぶことが重要です。相手が不快に感じる可能性がある花言葉を避けるため、注意深く選びましょう。また、メッセージカードを添えるなどの工夫も必要です。

Q3. 黄色い花にはどのような注意点がありますか?

A3. 黄色い花には「軽蔑」や「失望しました」といったネガティブな花言葉が付いていることがあります。特に黄色のカーネーションは「軽蔑」という花言葉がありますので、贈り物や特定の場面で使用する際は避けるべきです。

Q4. プレゼントに適さない、不向きな花はありますか?

A4. プレゼントに適さない花の一部として、和菊や毒性のある花、花がすぐに落ちる花、お見舞いの場合には鉢植えは避けるべきとされます。また、母の日に白いカーネーションを贈るもの避けた方が無難です。相手の好みや場面に合わせて花を選ぶ際には、これらの点にも注意しましょう。

 

まとめ

怖い花言葉を持つ花は見た目の美しさとは裏腹に、意外にも多く存在しています。

花の美しさに魅了される一方で、その持つ花言葉には恐怖や不吉な意味が込められていることもあります。

だからこそ、花を贈る際には注意が必要です。

相手を傷つけたり誤解を招いたりしないように、事前に花言葉の意味や適切な花を調べておくことが重要です。

そして、花言葉だけでなく花の色や種類にも注目し、相手に喜んでもらえるような贈り物を心掛けましょう。

花は特別な感謝や愛の気持ちを伝える素敵な贈り物ですので、気持ちを込めて贈りましょう。

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました