母の日に渡してはいけない花とは?相手の負担を減らす選択肢も

母の日のカーネーション 観葉植物

母の日に渡してはいけない花があるのをご存じですか?

母の日といえば赤いカーネーションですが、毎年同じ花を贈るのも面白味がありませんよね。

たまには違う花を贈って喜んでもらいたい!でも、どんな花がお母さんに喜ばれるかな?

そんな時に知っておきたいのが「母の日にふさわしくない花」があるということです。

今回は、母の日に渡してはいけない花(ふさわしくない花)と、赤いカーネーション以外のおすすめの花、お母さんの負担を減らすための方法までをまとめてご紹介します。

まめしば

植物好きの元・農高生。窓の無いトイレや玄関、北向きの部屋に飾るためのフェイクグリーンを集めるのが趣味。本物そっくりなフェイクグリーンを日々求めている。

まめしばをフォローする

母の日に渡してはいけない花とは?

もちろん、絶対に渡してはいけないというわけではありませんが、母の日にふさわしくない花もあるのは事実です。

白い花は「死者に贈る花」といわれているため避けた方が無難

ラナンキュラスのアーティフィシャルフラワー

爽やかで可憐な印象の白い花。実は、母の日に贈る花としてはあまりふさわしくありません。

なぜなら、白い花には「死者に贈る」という意味もあるからです。

特に、白菊はお葬式のイメージが強い世代も多い

お葬式で白い花が多いのを見たことはありませんか?

中でも白い菊には「ご冥福をお祈りします」という意味があります。そのため、念のために白い花は避けた方が無難でしょう。

白いカーネーションは亡き母に贈る意味があるので要注意

「赤いカーネーションばかり贈るのもありきたりだなぁ…。そうだ、他の色のカーネーションはどうかな?」

このようにお考えの方も多いでしょう。しかし、母の日に贈るカーネーションでは白は避けるべきです。

白いカーネーションは「亡くなった母へ贈る花」と捉えられることも…

白いカーネーションは「亡くなった母へ贈る」という意味を持つともいわれます。

そのため、母の日に白いカーネーションを渡すのはあまりおすすめしません。

菊の花は「仏花」のイメージが強い世代も多い

菊というと世代によっては「お葬式の花」「仏様にお供えする花」というイメージが強いです。

年配の方には菊は避けた方が無難

最近では、丸みのあるフォルムが可愛いピンポンマムもあります。とっても可愛くて魅力的ですよね。

ただし、花を贈る相手がご年配の方の場合は念のため菊の花は避けた方が無難でしょう。

花束は迷惑?相手の負担を減らすための選択肢もあります
花束は迷惑にならないだろうか?実際に花束を迷惑と感じている人はいるのかな?花束を贈ろうと思われている方の中にはこのような不安を抱かれている方も多いでしょう。花束が迷惑と感じる人の意見と合わせて、相手の負担を減らしつつ花を贈る方法をご紹介。

 

母の日にふさわしい花は?

では、母の日にふさわしい花にはどんなものがあるのでしょうか?赤いカーネーション以外にも、母の日におすすめの花は沢山あります。

定番の赤いカーネーション以外にもピンク、紫もおすすめ

母の日といえば赤いカーネーションですね。赤いカーネーションの花言葉は「母への愛情」。

ピンクのカーネーションは「感謝」。紫色のカーネーションには「気品、誇り」という意味もあります。

赤いカーネーションに飽きた方には、ピンクや紫色のカーネーションもおすすめですよ。

持ちの良いガーベラやバラも人気

カーネーション以外にもガーベラ、バラも母の日におすすめの花です。

ピンクのガーベラの花言葉は「感謝」「崇高美」など。ピンクのバラには「上品」「感銘」などの花言葉があります。

 

お母さんの負担を減らす!母の日におすすめの花

生花や鉢植えを贈るのもいいですが、お母さん側の負担を減らすならアーティフィシャルフラワー、フェイクグリーンもおすすめです。

水やり不要で枯れないアーティフィシャルフラワーなら届いた瞬間に飾れます。

面倒なお手入れ要らずで枯れない!上質な造花「アーティフィシャルフラワー」

リアルで高品質な造花をアーティフィシャルフラワーといいます。

アーティフィシャルフラワーは繊細に表現された花びらや葉の重なりが特徴で、至近距離で見ても本物と見間違えるほどのクオリティを持ちます。

ワンランク上の造花といえるでしょう。

フェイクグリーンってどうなの?本物とフェイク、室内に置くならどっち?
フェイクグリーンて実際どうなの?効果あるの?って方は多いのではないでしょうか?所詮はニセモノ。どうしても「安っぽい」というイメージのあるフェイクグリーンですが、実際どうなのでしょうか?深掘りしてみました。

アレンジメントフラワーなら届いてすぐに飾れる

ライラック ウォータートラペゾイド 造花 フラワーアレンジメント ¥16,500(税込)

アーティフィシャルフラワーの魅力は面倒な管理不要で枯れないだけではありません。届いた瞬間に飾れるのも大きな魅力でしょう。

フェイクウォーターを使用したアレンジなら見た目も涼し気。どんなインテリアともすんなり馴染みますよ。

造花専門店ならひとつひとつが手作りで仕上げられています。細部まで本物に忠実に表現されているのが特徴。母の日にも最適な高級感漂う仕上がりです。

★☆アーティフィシャルフラワー専門店「PRIMA」でさらにフラワーアレンジメントを探してみる 

水やり不要、面倒なお手入れ要らずで枯れない人工観葉も人気

アジアンタム フェイクウォーター×ガラスベース付き H46cm 観葉植物 フェイクグリーン ¥8,800(税込)

母の日は花にこだわる必要もありません。フェイクグリーンもおすすめです。フェイクグリーンであれば、インテリアにもより自然に馴染みやすいでしょう。

葉っぱ一枚一枚まで丁寧に仕上げらえた造花専門店のフェイクグリーンなら、安っぽい印象を与えてしまうこともありません。

土や水を使わないフェイクグリーンなら、虫が苦手なお母さんにもおすすめ

アジアンタム スワッグ フェイクグリーン ¥6,050(税込)

フェイクグリーンなら、水や土を使いません。つまり、虫が湧きにくく室内でも清潔にグリーンを楽しめるのが特徴です。

フェイクグリーンなら面倒な植え替え作業も無し。月に1回程度、表面にたまった埃を拭ってやる程度でokです。

置き場所がなかなか確保しにくいという場合は、空間を利用して飾れる壁掛けタイプもおすすめ。殺風景な空間も明るく心地よい雰囲気にしてくれますよ。

アイビー×レザーファン フレーム 観葉植物 フェイクグリーン eco ¥12,100(税込)

立体感のあるグリーンフレームなら空間に奥行きを出し、室内を広くみせてくれます。

\ 3,980円以上で送料無料 /

 

母の日に渡してはいけない花と相手の負担を減らす選択肢【まとめ】

ということで、今回は母の日に渡してはいけない花についてくわしくご紹介しました。

「母の日=赤いカーネーション」と思いがちですが、毎年同じ花を贈ってばかりいるのも飽きてしまいますよね。

そんな時は、ガーベラやバラなどもおすすめですよ。また、お母さんの負担を減らすなら高品質な造花「アーティフィシャルフラワー」もおすすめです。

母の日に渡してはいけない花、母の日にふさわしいおすすめの花

  • 白い花は避けた方が無難。特に、白いカーネーションには「亡くなった母に贈る」という意味もあるため注意
  • 世代によっては菊の花も避けた方がよい。仏花のイメージが強いため
  • 赤いカーネーション以外ならピンクや紫もおすすめ
  • お母さんの負担を減らすなら高品質な造花「アーティフィシャルフラワー」や人工観葉「フェイクグリーン」も◎
\ 3,980円以上で送料無料 /

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました